邦画

『22年目の告白-私が殺人犯です-』映画 をフル動画無料で見る方法をご紹介

『22年目の告白-私が殺人犯です-』映画 をフル動画無料で見る方法は?

『22年目の告白』映画は、今「U-NEXT」にて配信されていて、フル動画視聴できます。この作品は今現在2019年10月時点で、見放題対象ではなく、レンタル対象になり、追加料金540円が発生します。

しかし・・・

U-NEXTが初登録の場合、(無料お試し期間31日間)をすると特典の600ポイントが付与されるので、この場合の追加料金540円はポイント以内になりますので、実質は無料で観られるというわけです。

これらVOD(ビデオオンデマンド)の配信サービスの情報は不定期に変動(流動的)しますので見放題・配信状況の最新情報は各サイトにてご確認ください。

U-NEXTとはどんなサービス?

U-NEXTは株式会社U─NEXT運営する日本最大級の動画サービスです。

U-NEXTの料金

月額1990円です。

初回登録の方は31日間無料でトライアルができます。

この無料31日間を十分に利用できるようにするには、月初めに登録するようにしましょう。なぜならば、トライアル期間終了した翌日から、月額料金が発生するからです。日割り計算はありません。

視聴方法は、月額料金内で見放題またはポイントを利用しレンタル・購入するパターンです。

『22年目の告白-私が殺人犯です-』はレンタル作品なので、最初に付与されるポイント内でレンタルできますね。

またその他、U-NEXTの作品は、映画、国内外ドラマ・アニメなど最新作から名作まで150,000本以上配信・※見放題作品も130,000本、レンタル作品20,000本(2019年8月末時点)

おまけに、書籍・マンガ・ラノベ合計35万冊以上、追加料金なしで雑誌読み放題70誌以上と大変充実しています。

『22年目の告白-私が殺人犯です-』ってどんな映画?

『22年目の告白』映画は2017年6月に公開で、『SR サイタマノラッパー』シリーズを手がけた 入江 悠 監督の作品。韓国映画『殺人の告白』をベースに日本の時事性をアレンジしてリメイクされたスリラー映画です。

22年前、5名もの命を奪った未解決連続殺人事件。その事件が時効を迎えた今、逮捕寸前で犯人を逃した牧村航刑事(伊藤英明)と、「犯人は私です」と名乗り殺人の手記を出版した曽根崎雅人(藤原竜也)、彼らをめぐって事件の被害者遺族や警察が真相を暴こうと、ミステリーな展開が、繰り広げられます。本当にその男が犯人なのか・・本当に時効なのか・・最後までドキドキハラハラ目が離せない・・

 

『22年目の告白-私が殺人犯です-』映画の大まかなあらすじと感想

 

阪神・淡路大震災・地下鉄サリン事件で多くの人の記憶に残る忘れられない年、1995年の映像で始まる、その年東京で起きた日本中を震撼させた5件の連続殺人事件。

それらの犯行手口は奇妙な3つのルールに沿うパターンがあった。

1.近しい人(理想は家族)1人を目撃者にさせ、目撃者は決して殺さない。

2.背後から後ろから縄で首を絞める

3・目撃者は生かしておく。前例のない独創的な殺害方法の一部始終を警察やマスコミに伝えてもらうための伝達者として。

5人目の犠牲者は先輩刑事で、犯人の居場所を突き止めたと思われたが・・罠にかかり亡くなってしまう。しかも、その犯人を追う牧原刑事は、その時の格闘で顔に傷を負いながら、犯人を後一歩という言うところで取り逃がしてしまい一連の事件は未解決のまま22年の月日が流れて時効が成立してしまう。

ある日、曽根崎雅人と名乗る男が連続殺人の手記を発表。「はじめまして、私が犯人です」とメディアを通じて登場

そこで発信した内容は、1995年に連続殺人事件を犯したけれど、無能で愚鈍な警察が自分のところにたどり着かない上に、マスコミは幼稚で見当違いの憶測を垂れ流す。その当時の気持ちをイライラしていたと話した。だから今、事件を風化させ闇に葬られないように、真実を伝えたいと。

世間を翻弄する彼の行動に謎だらけであった。

そしてその目の奥には、挑発しているのだけど、どこか切なさも感じ取れたのは私だけだろうか。誰に向かって言っているのだろう・・と。

 

曽根崎雅人がメディアに出てから

その容姿に日本中が騒ぎ立てる。

私個人としては有り得ない展開と思うが、流れに呑まれるのが日本人・・・

でも善悪考えたら、違うでしょ!って思うはずなのだが・・

で、話を元に戻して・・

この後、新たな事件に発展していく・・

この作品は、ネタバレはなしの方がおすすめ。

美しき殺人者の告白で、秘められた真相が明らかになるこの先のドタバタ劇をえ?え?え?と思いながら見て欲しい。

 

『22年目の告白-私が殺人犯です-』映画 登場人物とスタッフのご紹介

キャスト

(曾根崎雅人) -藤原竜也

殺人犯とは程遠い風貌の男。22年前東京で起きた連続殺人事件の犯人だと告白、本を出版する。メディアで映る姿に、熱狂ファンや、逆に反発派も現れ、世間を騒がせる。

(牧村航) -伊藤英明

連続殺人の担当刑事。尊敬する上司と2人で犯人逮捕に向かうが、先輩は罠にはまり5番目の犠牲者となる。その後あとを追うも格闘の末顔に傷を負った挙句逃げられてしまう。

(岸美晴) -夏帆

第2番目の犠牲者の遺族。子供の頃、隣室で父親が殺害されるただならぬ空気を覚えていてトラウマになっている。書店の店員

(小野寺拓巳) -野村周平

牧村の妹里香を支え続けた婚約者。神戸で震災に遭った後、牧村をたより2人で上京。

(牧村里香) -石橋杏奈

牧村刑事の妹。22年前看護師をしていたが、震災に遭い住居を失くし、彼と上京。

(春日部信司) -竜星涼

22年後の現在の牧村刑事の後輩で熱血刑事

(戸田丈) -早乙女太一

橘組の若い構成員。実は3番目の犠牲者の遺族

(滝幸宏) -平田満

新米刑事だった牧村を指導する上司。5番目の被害者となる

(山縣明寛) -岩松了

第4番目の犠牲者の夫で目撃者。共立中央病院の院長。

(橘大祐) -岩城滉一

第3番目の目撃者で、橘組の組長。関係のあったホステスを殺害される。

仙堂俊雄〈50〉- 仲村トオル

元フリーのジャーナリストだったが、海外でテロに遭い生還する経験を持つ。この連続殺人が世間を騒がせていた1995年当時から取材を続けてきた膨大な資料を持つ。今現在は「NEWS EYES」のキャスター。曽根崎に番組に生放送で出演させて真相に迫る。

川北未南子- 松本まりか

告発本『私が殺人犯です』曾根崎の手記出版担当マネージャー。

スタッフ

監督

入江悠

音楽

横山克

脚本

平田研也

入江悠

製作

中山良夫

加太孝明

高橋雅美

大村英治

堀義貴

薮下維也

永井聖士

高橋誠

弓矢政法

前田義晃

吉羽治

小笠原明男

荒波修

-邦画
-

© 2021 エンタ部