洋画

『アダムス・ファミリー』映画を、今すぐ無料視聴できる配信サービスはこちら!あらすじ&みどころをご紹介!

『アダムス・ファミリー』映画を、今すぐ無料視聴できる配信サービスは?

『アダムス・ファミリー』映画 は「U-NEXT」にて配信されていて、

見放題作品の対象となっています。字幕、吹き替え版どちらも配信されています。

初回登録なら完全無料でフル動画視聴できます。

※(今現在2019年12月)の時点での情報になります。

これらVODの配信サービスの情報は不定期に変動(流動的)しますので見放題・配信状況の最新情報は各サイトにてご確認ください。

『アダムス・ファミリー』とはどのような映画なの?

1991年に公開された衝撃的なホラー×ブラックコメディ映画が『アダムス・ファミリー』。不気味なアダムス一家による独特な世界観が特徴的で、色んな意味でハラハラさせられる作品ですね。長年人気でもある今作の大まかなあらすじや見どころを紹介しましょう。

◎大まかなあらすじ

タリーは妻のマーガレット共にアダムス一家の家に訪れます。その家は不気味な内装、不可思議な家具などがあり、何より一家は変わり者…ゴメズと妻のモーティシアは仲が良く、子供のウェンズデーとパグズリーも恐ろしい遊びで楽しんでいるのです。
タリーはゴメズとの契約を終え、マーガレットはチャリティーのために家具を寄付してもらうための相談をモーティシアにし帰路へ。ゴメズから金貨を大量に受け取ったタリーの元へ借金の取り立てにアビゲイルがゴードンと共にやって来ます。タリーは命の危機に瀕しますが、ゴメズの金庫を狙えばお金が入るという話をして、ゴメズの行方不明の兄フェスターとそっくりのゴードンに金庫の在りかを突き止めさせようとするのです。
アビゲイルはその話に乗り、医師になりすましてゴードンをフェスターとして紹介。記憶を失っていたことにして、彼を一週間だけ泊まらすことにしてその間に金庫を探すつもりだったフェスターですが、期せずしてゴメズが案内してくれてたことに驚くことに…その隠し部屋で兄弟の思い出の映像を見る中、部屋の奥に金目のモノが山のように置いてあるのを見つけるのでした。
家族がチャリティーイベントに参加したり、子供の学芸会で出払ったりする中、フェスターやモーティシアは金庫の部屋に忍び込もうとします。あるパーティーの夜、彼らが金目当てで潜り込んでいると知ったウェンズデーは追いかけられるのですが…果たしてゴメズたちは彼らの正体を見破れるのでしょうか?

◎見どころの紹介

ゴメズとフェスターの関係

ゴメズは兄であるフェスターがモテることをキッカケに嫉妬し、家を追い出したのが25年前…当初は仲良くイタズラを2人でしていたのですから懐かしむのも無理ないですね。机を囲んで降霊の儀式を度々行ってきた家族の元にフェスター(ゴードン)が現れ、ゴメズは一目で信じる一方、ウェンズデーやモーティシアは疑っていました。
ゴメズも2人の呼び名や合言葉、金庫の番号を覚えていないことから「偽物だ!」と言って罵倒を叫ぶというシーンも「せっかく兄が戻ったと思ったのに…」と考えると納得です。果たして本物のフェスターの生死はいかに…?

ホラーなイタズラを繰り広げるファミリー

冒頭からクリスマスの歌を玄関に歌いに来る子供たちに、屋根からお湯を浴びせようとするアダムス一家…イタズラでは済まされない残酷さもあるような行為はまさにホラー!もちろん、可愛いレベルでは向かいの判事の家にゴルフボールを飛び込ませるということもあるのですが、モーティシアがパグズリーを電気椅子に掛けたり、ゴメズは剣技で人を殺めそうになったりとハラハラの連続です。
また、一家には執事のような存在である細身で背の高いフランケンシュタイン。ハンドと呼ばれる名前の通り、片手だけの存在で指先を立てて走り回るのがかわいらしくも思えてくる者もいるのが見どころですよ。

ゴードンのピンチと隠し部屋への道

ゴードンがフェスターになりすまして、不気味さあふれるアダムス一家と過ごす…ご飯が出されたと思いきや、暗い色合い一色の得体のしれないモノ。「目玉からお食べ」と言われ、テーブルの近くからは大きな火が上る食卓にソワソワするのも当然でしょう。
そんな彼がゴメズに案内されるがまま、部屋の本棚から「欲張り」と書かれた本を取り出すと回転扉のように裏の部屋へ…多数のチェーン付きの引手が吊り下がる中央で正しいのを引くと下へ落下!螺旋状の滑り台が長々と続いた先で今度は小舟に乗って移動するという道のりにも驚いたようです。独特の世界観が良くわかるワンシーンですね。

衝撃の学芸会

フェスターは子供たちが学芸会のためのシェイクスピアの劇を練習しているのを見て「頸動脈を狙うんだ」と指示。他にもアドバイスを経て学芸会が始まると、剣で切られた際の演出で血のりと呼ぶには激しすぎる大量の血しぶきを上げる!唖然とする一般の親たちに対し、ゴメズやフェスターは立ち上がって拍手を送る…ブラックコメデイらしさあふれる見どころの一つです。
こうしてアダムス一家とだんだん打ち解けていくフェスターですが、ウェンズデーに正体が知られてどう行動を起こすのかも気になりますね。

夫妻は仲良し

ゴメズとモーティシアは夫婦はとても仲良し。しかし、「良い朝だね」とは言わず「悪い朝」と言ったり、雨の日を最高だと言ったり…アダムス一家は良いと悪いが逆さ言葉になっているかのように表現するのが独特!アビゲイルが「フェスターに罪悪感があるから彼が偽物だと思うのだ」と伝えた際に、ある種の病気だと言うと逆に喜ぶ姿も印象的でした。
ダンスを魅惑的に踊ったり、語り合う際にも愛を感じさせるような彼女たちにも注目です。

◎キャスト紹介

フェスター(ゴードン)

:アビゲイルに育てられたというゴードンは、フェスターになりすましてアダムス一家へ潜入する

ゴメズ

:裕福なアダムス一家の父親。剣技が得意

モーティシア

:ゴメズの妻で魅惑的な見た目

ウェンズデー

:長女でおさげの女の子

パグズリー

:ウェンズデーの弟でふっくらとした男の子

-洋画
-

© 2021 エンタ部