洋画

『ブラッド・ダイヤモンド』│レオナルド・ディカプリオ 主演!動画配信サービスおすすめ

『ブラッド・ダイヤモンド』は内戦が続くアフリカのシエラレオネ共和国で、武器調達の資金源として不法に取引される紛争ダイヤモンドを巡る社会派サスペンスです。

この映画には、私たち消費者が目にする光り輝くダイヤモンドの中に、ダイヤとは無縁の人たちの犠牲の上の血塗られたダイヤモンドもあるということを教えてくれています。

採掘権利争いで内戦が続く原因になっている紛争ダイヤモンドを買わないようにメッセージを送っている映画です。

ストーリーの始まりから、残虐なシーンが続きますが、何万人もの犠牲者の上の事実に目を背けてはいけないのだと感じます。

 

また、レオナルド・ディカプリオ演じるダニー・アーチャーのスピーディーなアクションは、ハラハラの連続、またストーリーが進むにつれ、複雑な心情の変化を絶妙に演じています。イケメンのレオ様も素敵ですが、渋い役が似合うようになったのだと思いました。

最初から最後まで、目が離せない衝撃の大作です。

 

『ブラッド・ダイヤモンド』おすすめの視聴方法とは

『ブラッド・ダイヤモンド』を動画配信サービスで見るなら、コジュラがおすすめの動画配信サービスはU-NEXTです。

今現在2019年11月の情報によると、『ブラッド・ダイヤモンド』は見放題作品になっています。

 

なんといっても見放題作品数が多いです。因みに洋画・邦画の見放題作品数7,700、レンタル作品数 1,400です(u-nextホームページ参照)

 

この他にもまだ下記のように魅力満載なU-NEXTですので、『ブラッド・ダイヤモンド』だけでなく31日間の無料期間を利用して、それ以外の作品も視聴して見てはいかがでしょうか。

 

・ポイントが付与される。(通常1200ポイント、無料トライアル期間600ポイント)

 

・通常料金は1,990円(税抜き)だが、31日間の無料トライアル期間がある。

 

・最新作がすぐに見られる(DVD発売より早い場合もあり)

 

・毎月配信作品の更新も多々

 

・テレビ・パソコン・スマートフォンなどお好みのデバイスで視聴可能。

 

・1つの契約で4つまでアカウントを作れる

 

・動画だけでなく、電子コミックも見られる

 

『ブラッド・ダイヤモンド』をお得に見るならU-NEXTがおすすめ

 

※(今現在2019年11月)の時点での情報になります。これらVOD(ビデオオンデマン配信サービスの情報は不定期に変動しますので見放題・配信状況の最新情報は各サイトにてご確認ください

 

『ブラッド・ダイヤモンド』はどのような映画なの?

 

主な登場人物

ダニー・アーチャー           レオナルド・ディカプリオ

ダイヤの密輸に手を染めるローデシア出身の元白人傭兵

ソロモン・バンディー       ジャイモン・フンスー

貧しいながらも子煩悩で家族を一番に考え、幸せな生活を送る純朴な漁師。

息子を医者にすると期待をかけている

マディー・ボウエン           ジェニファー・コネリー

紛争ダイヤの密輸の実態を追うジャーナリスト。アーチャーがブローカーだと知り、証拠が欲しくて近づく。

ディア・バンディー           カギソ・クイパーズ

ソロモン・バンディーの息子。毎日5時間かけて学校に通う優等生

 

コッツィー大佐    アーノルド・ヴォスルー

アーチャーの南アフリカ軍時代の元上官で現在は民間軍事会社で           。

シエラレオネ政府軍よりRUF殲滅の任務を請け負っているが、ピンクダイヤを狙っている。

コーデル・ブラウン           アントニー・コールマン

コッツィー大佐の部下

ポイズン大尉       デヴィッド・ヘアウッド

反政府武装勢力の革命統一戦線(RUF)所属、悪魔のような男。拉致した少年を麻薬漬けにし少年兵に変貌させる。

ベンジャミン・マガイ       ベイジル・ウォレス

RUFに洗脳された元少年兵を更生させる施設長

ナビル    ジミ・ミストリー

アーチャーの仲間。セスナで、アーチャーをサポート。

ルパート・シモンズ           マイケル・シーン

紛争ダイヤモンドの購入者

ヴァン・デ・カープ           マリウス・ウェイヤーズ

紛争ダイヤモンドの購入者

              大まかなすあらすじ

1999年、シエラレオネ共和国で反政府武装勢力の革命統一戦線(RUF)と政府軍との交戦が続く中、漁師のソロモンが住む村が襲われた。ソロモンは、家族を危険から守ることはできたものの、はぐれてゾロモンだけはRUFに捕まってしまう。

ソロモンはRUFからダイヤモンド採掘場で強制労働を強いられるが、とんでもなく大粒のピンクダイヤモンドを見つけ、ある場所に埋めて隠そうとした。その場をポイズン大尉に見られてしまうが、運が味方してか政府軍の空爆に遭い、無事に隠すことに成功する。

ポイズン大尉はその空爆で左目を失うも、命は助かり、二人共留置場へと連行される。

一方で、元白人傭兵のアーチャーは武器と交換でダイヤを密輸しようとするが、失敗して同じく留置場へ入れられる。

留置場で大きな声で「ピンクのダイヤ」のことを叫ぶ二人のやり取りを、ブローカーのアーチャーは聞き逃さなかった。横取りをしようと目論んだのだ。

アーチャーは出所後、ソロモンも出所を早め共に行動しようと接近する。

ある街、フリータウンの海辺にある店で、アーチャーは密輸の実態を追いかけるジャーナリストのマディーで出会う。

ブローカーと記事にしようとするマディーと初の出会いは水と油のようだった。

そしてついにその場所もRUFに制圧される。

それからというもの、ポイズン大尉が復活、ソロモンの大事な息子を拉致し、少年兵として麻薬漬けで洗脳してしまう。

紛争ダイヤを再び掘り返そうと埋めた場所に向かう、アーチャーとソロモンだが、この時点でもまだソロモンは信じていなかった。そこでマディーの協力により、リベリアの難民キャンプに収容されている妻や子供に会わせるが、そこに、一緒にいると思っていた息子ディアがいない、RUFに拉致されたことを知り激しく落胆する。

アーチャーとソロモン、マディーはそれぞれどうなっていくのか・・

ソロモンの子供を愛する気持ちを目の当たりにしてアーチャーの心が少しづつ変わっていくが・・ピンクダイヤモンドは見つかるのか、ディアは取り戻せるか、衝撃の結末をお楽しみください。

 

 

-洋画
-

© 2021 エンタ部