洋画

『プラダを着た悪魔』の映画を、今すぐ無料視聴できる配信サービスはこちら!あらすじ&みどころをチェック!

『プラダを着た悪魔』映画を、今すぐ無料視聴できる配信サービスは?

『プラダを着た悪魔』映画 は「U-NEXT」にて配信されていて、

見放題作品の対象となっています。字幕、吹き替え版どちらも配信されています。

初回登録なら完全無料でフル動画視聴できます。

※(今現在2019年10月)の時点での情報になります。

これらVODの配信サービスの情報は不定期に変動(流動的)しますので見放題・配信状況の最新情報は各サイトにてご確認ください。

 

U-NEXTとはどんなサービス?

U-NEXTは株式会社U─NEXT運営する日本最大級の動画サービスです。

U-NEXTの料金

月額1990円です。

初回登録の方は31日間無料でトライアルができます。

この無料31日間を十分に利用できるようにするには、月初めに登録するようにしましょう。なぜならば、トライアル期間終了した翌日から、月額料金が発生するからです。日割り計算はありません。

視聴方法は、月額料金内で見放題またはポイントを利用しレンタル・購入するパターンです。

『プラダを着た悪魔』は見放題作品です。

無料期間(31日間)でも登録しただけで600ポイントがもらえて、レンタルや、購入の際に使えます。そのまま継続する場合は毎月1200pポイントもらえます。

このポイントは新作など課金が必要な場合や、たまには映画館でも見たいという場合にも利用できます。

※「レンタル」と「購入」の違いは

最新など都度課金される作品のうち、視聴期限がある作品を「レンタル」、視聴期限なく観れる作品を「購入」ということですが、購入の場合もアカウントを解約した場合は見れなくなります。

 

U-NEXTの作品は、映画、国内外ドラマ・アニメなど最新作から名作まで150,000本以上配信・※見放題作品も130,000本、レンタル作品20,000本(2019年8月末時点)

その上、書籍・マンガ・ラノベ合計35万冊以上、追加金不要で雑誌読み放題70誌以上と大変充実しています。

U-NEXTの支払い方法

U-NEXTの支払い方法には下記の方法があります

1クレジットカード

Visa / Master Card / JCB / アメリカン・エキスプレス / ダイナースクラブカード

2キャリア決済

「ドコモ払い」、auは「auかんたん決済」、ソフトバンクは「ソフトバンクまとめて支払い」「ワイモバイルまとめて支払い」と携帯各社対応しています。

3Amazonアカウント

Amazon Fire TV / Fire TV Stick利用の場合はFire TVから設定可能です。

4Apple ID

iOSデバイス上のU-NEXTアプリから利用する場合、ポイントでの支払いが優先されます。ポイントが不足していた場合は、Uコインをチャージ、つまりそのアプリ内課金をする形になります。(Android端末のアプリや、webサイトから利用する場合がポイント表示されます。)画像参照

ただ、画像()でわかるように、ポイントとコインは同じ換算ではないので、ポイントの方がお得です。iOSデバイスで見るなら、課金が必要な作品はU-NEXT webサイトから利用ことをおすすめします。

5 U-NEXTカード/ギフトコード

コンビニなどでご購入できるプリペイドタイプで種類は2つ、「見放題カード」と「ポイントカード」があります。

 

映画『プラダを着た悪魔』作品紹介

映画『プラダを着た悪魔』作品概要 紹介

ジャーナリストを目指す主人公が悪魔とも言うべき上司の下で必死に頑張る姿を描いた作品です。2006年に公開された『プラダを着た悪魔』は今でも色あせない輝きを持った人気作品の一つ!ファッションが好きな方には特におすすめであり、アン・ハサウェイとメリル・ストリープの共演は見る者を引き込む力を感じさせるでしょう。仕事とプライベートを考えたり、夢を追うことを忘れてしまいそうになったりする時に是非、見て欲しい映画です。

 

映画『プラダを着た悪魔』作品 .あらすじと結末

大学を卒業し、ジャーナリストを目指すアンディはランウェイ社へ面接に来ていました。編集長のミランダを迎えるため社内は慌ただしい雰囲気に包まれる中、アンディを一目見たミランダは不相応だと瞬時に判断。ファッション誌を取り扱う会社において、セーターに身を包んだ彼女は合わない…しかし、アンディは怖気付かず、賢いことをアピールしたことで秘書のアシスタントとして採用されます。

アンディは社内の業務はもちろん、ミランダの個人の雑用まで頼まれる日々…もう一人の秘書仲間のエミリーとも上手く協力しているとも言えず、アンディは仕事が嫌になってくる中でナイジェルに愚痴をこぼしに行きます。そこでミランダと会社のことを少し知ったアンディは考えを改め、オシャレな洋服や鞄、靴を身に付けるようになるのでした。

ミランダの無茶な要望にも応えたり、時には失敗しつつも努力を重ねるアンディはついにパリコレの同行するよう言われますが、エミリーが「今年こそは!」と懸命になっていたことも知っていたアンディ…それでもミランダに言われるがまま、パリへ行くことを決意します。そこでミランダは仕事優先の日々の代償を払うことに…なんと夫から離婚の話が持ち出され、子供たちを思って涙するミランダ。それでも仕事への思いの強さは変わりませんでした。一方、アンディも恋人とケンカ別れをした直後だったため、出版で世話になっていたトンプソンに誘われるがまま関係を持ってしまいます。そんな中、ミランダが編集長を降ろされるという話を聞いて大慌てのアンディ。

しかし、ミランダは動じません。以前から根回しを進めていた彼女は見事、編集長の座を維持するのでした。それは同時にナイジェルの昇進のチャンスも奪うという意味だったことから、アンディは改めてミランダと仕事について向き合うことにします。その後、ミランダに「エミリーを蹴落として第一アシスタントになったでしょう?」と言われたことで、アンディは彼女の元を去る決意をし仕事を辞めるのでした。

再就職先を探して編集の仕事の面接に訪れたアンディは、面接官が「ミランダからアンディを雇わなかったらあなたは大バカ者」だと書面をもらった旨を知ります。そうしてアンディは新たな仕事のスタートを切るのだった・・・

映画『プラダを着た悪魔』作品 見どころ、感想

衣装に注目!

衣装代に1億円も費やしたという『プラダを着た悪魔』ですが、アンディ演じるアン・ハサウェイは120着もの試着を経て、収録時には60回以上も着替えをしたと語っています。そうした甲斐はあり、衣服から服飾品まで有名ブランドに身を包んだアン・ハサウェイの姿は見どころ満点!ブーツを履いた細身の着こなしから、純色のグリーンのコートと大きなサングラスをかけた姿、シックな黒のドレスに身を包めばその白い肌が映え、真っ赤な口紅がとてもセクシー…衣装が変わるたびにどの画面を一度止めておきたくなる衝動に駆られますね。おしゃれさを楽しむにはもってこいの作品です。

ストーリーについての感想

ジャーナリストを目指すアンディが偶然、面接しに行ったファッションの会社で努力を重ねて成功するというサクセスストーリー!でも最後には夢を思い出したかのようにジャーナリストへの道や恋人とも仲直りに向かって再び歩み始めるというなんとも素晴らしい結末…もちろん、友人や同僚を裏切る行為をしてしまったり、仕事での失敗も数多く重ねてたことから全てが順風満帆だったとは言えませんが、その様子を見守りつつ引き込まれる映画だったと思います。

キャストについて

アン・ハサウェイは「理想と現実に葛藤しつつ、表現を考えた」と語り、演技を通じて「見る人に夢を諦めず、努力を忘れないで欲しい」とも言っています。また、スタイリストからの影響も大きかったようで、おしゃれについての厳しさも学びつつ、普段の洋服にも活かすようになったという、当時23歳だった彼女からしっかりした印象も感じるでしょう。

ミランダ役はメリル・ストリープが演じ、まさに”鬼編集長”と言う表現がぴったりな気迫がすごい!今でも現役でベテランの彼女の演技は他のキャストにも大きく影響を与えたそうで、常にピリッとした雰囲気の役と普段は頼もしさあふれる人物でもありますね。

アン・ハサウェイの紹介とおすすめ作品

アン・ハサウェイの出演作といえば『レ・ミゼラブル』(2012年)の出演や、『アリス・イン・ワンダーランド』シリーズでの白の女王役など様々。また、『オーシャンズ8』(2018年)の記憶が新しいですね。豪華な首飾りを付けてそれを盗もうとする女性たちと関わっていく姿がこれまでとは違う良さを表しているのが印象的です。

そして、今作を見た上で鑑賞をおすすめしたい作品は『マイ・インターン』(2015年)でしょう。要職であるジュールズを演じる彼女は「いっそう自分らしくなった」と語る同作で、人を雇う側の役を務めます。まるでアンディが成長した姿を楽しむように見ることができ、ロバート・デ・ニーロとの共演も見逃せんよ。

映画『プラダを着た悪魔』作品  キャスト紹介

出演
(ミランダ・プリーストリー)
メリル・ストリープ
(アンドレア・サックス)
アン・ハサウェイ
(エミリー)
エミリー・ブラント
(ナイジェル)
スタンリー・トゥッチ
(ネイト)
エイドリアン・グレニアー
(リリー)
トレイシー・トムズ
(クリスチャン・トンプソン)
サイモン・ベイカー
(ダグ)
リッチ・ソマー

 

映画『プラダを着た悪魔』作品  スタッフ紹介

監督
デヴィッド・フランケル
原作
ローレン・ワイズバーガー
音楽
セオドア・シャピロ
脚本
アライン・ブロッシュ・マッケンナ
製作
ウェンディ・フィネルマン

-洋画
-

© 2021 エンタ部