洋画

『グリーンマイル』映画を、今すぐ無料視聴できる配信サービスはココ!

『グリーンマイル』映画を、今すぐ無料視聴できる配信サービスは?

『グリーンマイル』映画 は「U-NEXT」にて配信されていて、

見放題作品の対象となっています。字幕、吹き替え版どちらも配信されています。

初回登録なら完全無料でフル動画視聴できます。

※(今現在2019年10月)の時点での情報になります。

これらVOD(ビデオオンデマンド)の配信サービスの情報は不定期に変動(流動的)しますので見放題・配信状況の最新情報は各サイトにてご確認ください。

 

U-NEXTとはどんなサービス?

u-NEXTは株式会社U─NEXT運営する日本最大級の動画サービスです。

U-NEXTの料金

月額1990円です。

初回登録の方は31日間無料でトライアルができます。

この無料31日間を十分に利用できるようにするには、月初めに登録するようにしましょう。なぜならば、トライアル期間終了した翌日から、月額料金が発生するからです。日割り計算はありません。

 

視聴方法は、月額料金内で見放題またはポイントを利用しレンタル・購入するパターンです。『グリーンマイル』は見放題作品です。

無料期間(31日間)でも登録しただけで600ポイントがもらえて、レンタルや、購入の際に使えます。そのまま継続する場合は毎月1200ポイントもらえます。

このポイントは新作など課金が必要な場合や、たまには映画館でも見たいという場合にも利用できます。

 

※「レンタル」と「購入」の違いは

最新など都度課金される作品のうち、視聴期限がある作品を「レンタル」、視聴期限なく観れる作品を「購入」ということですが、購入の場合もアカウントを解約した場合は見れなくなります。

 

u-NEXTの作品は、映画、国内外ドラマ・アニメなど最新作から名作まで150,000本以上配信・※見放題作品も130,000本、レンタル作品20,000本(2019年8月末時点)

その上、書籍・マンガ・ラノベ合計35万冊以上、雑誌読み放題70誌以上と大変充実しています。

U-NEXTの支払い方法

u-NEXTの支払い方法には下記の方法があります

 

1クレジットカード

Visa / Master Card / JCB / アメリカン・エキスプレス / ダイナースクラブカード

2キャリア決済

「ドコモ払い」、auは「auかんたん決済」、ソフトバンクは「ソフトバンクまとめて支払い」「ワイモバイルまとめて支払い」と携帯各社対応しています。

3Amazonアカウント

Amazon Fire TV / Fire TV Stick利用の場合はFire TVから設定可能です。

4Apple ID

iOSデバイス上のU-NEXTアプリから利用する場合、ポイントでの支払いが優先されます。ポイントが不足していた場合は、Uコインをチャージ、つまりそのアプリ内課金をする形になります。(Android端末のアプリや、webサイトから利用する場合がポイント表示されます。)画像参照

ただ、画像()でわかるように、ポイントとコインは同じ換算ではないので、ポイントの方がお得です。

iOSデバイスで見るなら、課金が必要な作品はU-NEXT webサイトから利用ことをおすすめします。

5 U-NEXTカード/ギフトコード

コンビニなどでご購入できるプリペイドタイプで種類は2つ、「見放題カード」と「ポイントカード」があります。

 

U-NEXTがお勧めな人は?

 

           最新作がすぐ見たい人

DVD発売同時に見れる

           画質にこだわりがある人

Blu-ray Discに相当する高画質HD(1080p)配信、また一部の作品は、より画質の高い4Kにも対応していて高画質で観れる

           通勤・通学・すき間時間に楽しみたい人

ダウンロードしてオフラインで見れるので、通信制限気にせず視聴できる

※           1時間の作品をダウンロードした場合、データ通信量の目安は450MBです。

           家族でそれぞれ観たいジャンルが違う

ファミリーアカウント4つまで可能なので実質月額500円のコストでそれぞれ好きなデバイスで利用できる。

           懐かしい作品を見たい

古すぎて他のVODサービスにはない作品も多い

           雑誌・書籍・コミックをたくさん読む人

雑誌は読み放題70誌以上と豊富、書籍など文字拡大できるので読みやすい。

           たまには最新作は映画館で観たい

毎月貯まるu-NEXT 1200pは映画館の割引クーポン購入にも利用できるので

イオンシネマ。109シネマズなどオンライン予約していくのもありですね。

 

映画『グリーンマイル』作品紹介

映画『グリーンマイル』作品概要

 

日本で2000年に公開された『グリーンマイル』は舞台が刑務所の中でありながらファンタジー、ミステリー、ユーモア、人間ドラマをきめ細かに織り交ぜた感動作。

ステーヴン・キングが1996年に発表した小説を「ショーシャンクの空に」の監督フランク・ダラボンが映画化。

1932年の大恐慌時代の死刑囚舎房で不思議な力を持つ死刑囚と看守との交流を描いたストーリー。

 

映画『グリーンマイル』作品 あらすじ&みどころ

1932年、アメリカ南部の刑務所に、双子の少女を強姦殺人の罪で死刑囚としてジョン・コーフィが収監されてきた。

その監房で看守を務めるポールは、コーフィがその外見や罪状に似つかわしくない、繊細で純ピュアな心の持ち主だと感じ始め、冤罪ではないかと感じるようになる。

 

ある時、コーフィはポールの持病である重い尿路感染症を、局部を掴んだだけで治してしまうのだった。

しばらくして、ウィリアム・ウォートンという凶悪な死刑囚が送られてくる。

まさにこの男こそが、双子の少女の殺人事件の真犯人だった。

コーフィはその後ウイリアムと、権力を後ろ盾に持つ傲慢に振舞う看守パーシーを不思議な力を利用して追放する。まさに神秘的な因果応報な流れ。このシーンは、観る側には、今までのイライラ感をスッキリさせる瞬間だろう。

コーフィはポールの手を取っての真相を伝える。

これを見た他の看守たちも、彼はその不思議な力を神から授かった特別な存在なのではと考え始める。

そんな、冤罪を覆せない現実にポールは、コーフィが電気椅子に送ることを大きな過ちを犯しているのではないかと悩む

 

しかし、コーフィの冤罪を覆す証拠は存在せず、死刑執行が決定される。ポールたちはコーフィに脱獄を勧めるが、「毎日のように、世界中の苦しみを感じたり聞いたりすることに疲れたよ」と言いコーフィはそれを拒否して死ぬことを選んだ。数日後、コーフィは電気椅子に送られ、ポールの手で処刑された。

 

その後、ポールは健康に108歳になっても生き続け、ネズミのMr.ジングルスも60年以上生き続けていた。これはコーフィの力の副作用によるものだったが、ポールは自分がコーフィを処刑したことで、神から罰を与えられ家族や友人全員より長生きすることになると信じている。

死刑制度、人の道、死生観、宗教などについても考えさせられる作品ですが、

この映画ではそれぞれの登場人物の行動や心情が、細かく描かれていて、心を揺さぶられること間違いなしです。

映画『グリーンマイル』作品  キャスト紹介

【キャスト】

ポール・エッジコム-(トム・ハンクス吹き替え版(江原正士)

グリーンマイルの主人公。コールド・マウンテン刑務所Eブロックの看守主任。ジョン・コーフィに尿路感染症を治療してもらってから、彼が本当に罪を犯したのか疑念を持つようになる。

 

ブルータス・ハウエル-(デヴィッド・モース)(石塚運昇)

Eブロック副主任。ポールの相棒であり、正義感の強い大男。

 

パーシー・ウェットモア(ダグ・ハッチソン)    (平田広明)

看守。州知事の妻の甥であり、このコネをバックに傲慢な振る舞いを繰り返し他の看守に嫌われている。

「残酷・冷酷・バカと3拍子揃っている」とポール談。

 

ディーン・スタントン (バリー・ペッパー)    (堀井真吾)

若手の看守で涙もろい。

ハリー・ターウィルガー (ジェフリー・デマン)         佐々木敏

看守。冷静で物静かな性格。

 

ハル・ムーアズ (ジェームズ・クロムウェル) 糸 博

コールド・マウンテン刑務所の所長。妻・メリンダの難病を心配している。ポールとは親交が厚い。

 

ジョン・コーフィ (マイケル・クラーク・ダンカン)   大友龍三郎

もう一人の主人公。双子の幼女を殺害した罪でコールド・マウンテン刑務所に投獄されることになった、巨漢の黒人(ブルータスよりもさらに巨体)。不思議な力を持っている。

 

アーレン・ビターバック (グラハム・グリーン)         渡辺寛二

最初に処刑される囚人。通称「首長(チーフ)」。ネイティブ・アメリカンだが、キリスト教徒である。酒酔いの喧嘩で人を殺し、死刑を宣告。「上首尾の死刑」と称され、何の支障もなく執行された処刑の例として挙げられている

 

エデュアール・ドラクロア (マイケル・ジェッター)   牛山茂

通称「デル」。南部系フランス人の死刑囚。Mr.ジングルスと名付けたネズミを飼育している。看守のパーシーとの相性が非常に悪く、デルの死刑執行の際、パーシーの悪戯により、処刑が残酷な結果になってしまい、派手に惨死する。

ジャン(ジャニス)・エッジコム (ボニー・ハント)唐沢潤

 

ウィリアム・ウォートン (サム・ロックウェル)         成田剣

通称は「ワイルド・ビル」。極悪非道な囚人であり、双子の少女を殺害した真犯人。コーフィの不思議な力で錯乱状態に陥ったパーシーによって銃殺される。

 

バート・ハマースミス (ゲイリー・シニーズ) 仲野裕

コーフィの弁護人に変更された。黒人に対して独特の考えを持っている。

 

Mr.ジングルス

デルによく懐いている利口なネズミ。パーシーに踏み潰されたがコーフィの力で回復する。

 

ジャック・ヴァン・ヘイ (ビル・マッキニー) 高橋翔

電気椅子のスイッチ担当の看守。

 

トゥート=トゥート (ハリー・ディーン・スタントン) 後藤敦

模範囚。服役が長いため、ある程度の自由が認められていて刑務所内での物資調達係の存在。

 

クラウス・デタリック (ウィリアム・サドラー)

綿花農園のオーナーで、殺された双子の少女の父親。

マージョリー・デタリック

双子の少女の母親。

 

エレイン・コネリー (イヴ・ブレント) 斉藤昌

老人ホームの仲間、老いたポールの女友達。

 

ロブ・マッギー (Brian Libby

コーフィを逮捕した保安官助手。

映画『グリーンマイル』作品  スタッフ紹介

監督       フランク・ダラボン

脚本       フランク・ダラボン

原作       スティーヴン・キング

製作       フランク・ダラボン

デヴィッド・ヴァルデス

音楽       トーマス・ニューマン

撮影       デヴィッド・タッターサル

編集       リチャード・フランシス=ブルース

-洋画

© 2021 エンタ部