韓流ドラマ

イルジメ│最終回まで見られなった人のために感想伝えます!

irujime

エンタメクラブ管理人柚希です。

『イルジメ』イ・ジュンギ主演、パク・シフ共演の歴史ドラマ。ねずみ小僧のような実在の義賊らしいのですが感想を書こうと見直してみたら、みなさん結構初めで飽きちゃってというか、完走できなかったという人がいるみたいなので、感動作品イルジメをネタバレありの感想でお伝えしたいと思います。

イルジメでみる親子の情愛とは?

イルジメは父親を殺されたギョムが記憶を失ってコソ泥セドルに拾われるところから物語がはじまります。

このセドルが秀逸で、コソ泥ではあるが人情に厚く、ヒョンな関わり合いから育てることになったギョムこと少年ヨンをこよなく愛する義父の役を好演しています。

 

ほんのちょっとした言葉にも実の親子にも思える優しい心情があふれていて、悲惨な運命のはずのヨンがここでは平穏に過ごせていることにちょっとほんわかしちゃったりします。

このイルジメは様々な形の親子の愛がいくつもでてきます。

セドルの妻でヨンの養母タン。セドルはいつも愛しのタンなんて呼び掛けていますが、女性ならいつもこんな風に呼びかけてもらえたら、どんなにうれしいかなって思いますよね。

 

話がそれましたが、彼女も実は実のこと離れ離れになっていてツライ思いをしています。

イ・ウォノの家の使用人だった彼女は、イ・ウォノの子を身ごもり、家を追放されます。その後生まれた子を両班の子として育ってほしいとヨンの仇にあたるピョン・シクの家の養子にだしてしまうのです。

ここからタンの子のチャドル(パク・シフ)は人とも扱われず死ぬような屈辱感の中母親を慕いながらも屈折した人生をおくりますが、努力して科挙に合格します。自分で志願してイルジメを捕縛するための部署に行くという選択をしてしまうのです。

 

一方良かれと思って偽りの養子にだしてしまったヨンの養母タンですが、彼女もまた子供を想うが故の悲しみを味わうことになり、人生の選択というのは本当にわからないものだなあと感じました。

 

亡くなったと思われているギョムの母ですが、彼女もまた子供を想い苦悩の日々を過ごします。

そんな中養子先の息子シワンとその仲間に侮辱されたチャドルは妓楼で酔いつぶれる中、ギョムの母との不思議な縁で母親のような温かい愛情を感じるのでした。

ヨンに関わる人の中で、もう一組複雑な縁で結ばれた親子がいます。

 

幼い頃にヨンが助けた少女ポンスン。彼女は偽和尚のコンガルに育てられ、詐欺まがいのことをコンガルと組み生活していました。

 

コンガルは以前は王の護衛まで務めた武芸の達人ですが、養女であるポンスンの一家を殺害したという過去があります。その罪を償うためにもポンスンに深い愛情をかけるのでした。

 

このように値はつながらなくても、愛情を持ち子供を慈しむ姿は本当に美しいという簡単な言葉ではかたずけられない一途な想いの強さを感じました。

 

 

イルジメはギョム事ヨンの復讐物語でありアクションが見せ場ではありますが、このところどころに散りばめられた不思議な絆と情愛にも目を向けて視聴してもらえたらうれしいです。

 

イルジメは実在の人物?その真実に迫る!

イルジメは実在したといわれている義賊の名前です。

その起源は中国から朝鮮に伝わったといわれていますが、日本でいう石川五右衛門や鼠小僧のような

民衆に愛された人物だといわれています。

 

イルジメは「一枝梅」は両班、日本でいうところの貴族の邸宅に盗みに入り、その宝物は民衆に分け与え、侵入した証拠に梅を一枝置いていくことからそのように呼ばれています。そこらへんは少し日本的な美学にも通じるところですね。

 

ヨンにとっては宝物を盗むよりも、父の仇に関わる剣の紋章について調べるために忍び込んでいるわけですから盗んだものにはあまり興味がないのかな…思いますね。

いつの時代でも怪盗ルパンのような泥棒っているのですね。

 

今回ご紹介しているイジュンギのイルジメですが、その前に2008年チャン・ドンゴン主演で制作されましたがそこまで話題にならず今回お伝えしているイジュンギ版のイルジメが最高視聴率を誇るドラマとなった。

 

柚希のイルジメを視聴した感想

柚希ははじめこのドラマ男性向けかと思っていたのですが、回を重ねるごとにアクションシーンが

多いのにも関わらず、人情にあふれたところが気にいって、毎回放送日を待ち焦がれるくらいのファンになりました。

 

義賊とはいえ泥棒に入るわけですから、人倫からは外れるのでしょうが、それも敵の正体を探すためで頭脳犯でもあり、ただ力まかせのヒーローではない点がとても面白かったです。

 

このドラマで重要な役どころを演じる王女の男でも主演したパク・シフも出自に負い目のある男の心情をしっかり演技でださいているなと感じました。

 

ドラマのチームワークが感じられる作品であるのと、このドラマに流れるテーマがとても切ないです。

しかもこの作曲者は日本でも有名な作曲家・吉俣良氏が担当するなど話題性のある作品に仕上がっています。

 

とにかく泣ける。人に気持ちを伝える難しさや、無垢の愛情の素晴らしさを堪能できるドラマです。

女性は序盤でちょっとはずれと感じるかもしれませんが、続けてみれば必ずドハマり間違いなし

柚希おすすめテッパンです。

※紹介している作品は、2019年11月時点の情報です。
現在は配信終了している場合もありますので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

詳しくはコチラ

 

イジュンギ主演イルジメの紹介はこちら

 

-韓流ドラマ
-

© 2021 エンタ部