韓流ドラマ

太王四神記│動画配信サービスを日本語字幕でお得に視聴する!

画像:朱雀の雲

エンタメクラブ管理人柚希です。今回ご紹介するのはかのペヨンジュンが宿命を背負った王子タムドクを主演し、過去からの宿命と闘いながら、幾多の試練を乗り越えてその後の高句麗中興の祖といわれた第19代国王の広開土王となっていくまでの姿を描いた時代劇です。

 

ドラマとは思えないほどの巨額の予算を投じ、撮影にもコンピュータグラフィックスを多用、韓国時代劇としては異色の作品に仕上がっています。

韓国時代劇に多い重苦しい雰囲気とは異なり、ファンタジー色豊かなドラマで、時代劇が苦手な人でも気軽に楽しめる作品です。

監督は、キム・ジョンハク。主演は言わずと知れた主演のペ・ヨンジュンで、彼にとっても冬のソナタ』以来5年ぶりのドラマ出演を果たしました。音楽は日本人ならおなじみの久石譲が担当。

 

作品の元となる高句麗の歴史はもともと資料が少なく、史実にすべてのっとっているのかは疑問ですが、単純にドラマを楽しむなら、ファンタジー性が濃く出ていて楽しく視聴できます。

ぜひこの機会に大王四神記を動画で視聴してみてくださいね

 

 

大王四神記を動画配信サービスで視聴するには

 

男女問わず人気のドラマ大王四神記ですが、今は地上波では放送されていません。

そのためDVDレンタルなどで視聴する方法しかないのですが、大王四神記を視聴する動画配信サービスでおすすめなのがU-NEXTです。U-NEXTは無料視聴サービスが31日間ついているので、この期間に視聴してしまえば無料で視聴も可能です。

 

その後続けて契約したとしても、韓国ドラマの見放題サービス作品が900本近くあり、暇つぶしや旅行の移動中などいつでもどこでも韓国ドラマを楽しむことができます。

しかも日本語字幕で楽しめるので安心です。

 

U-NEXTのお得なサービスの特徴は

 

  • 1か月1990円の定額サービス
  • 見放題作品が130000本、レンタル作品は20000本もあります。
  • 最新作品は最速で放送するので、レンタルビデオで貸し出し中であきらめたということもなし
  • 地上波のドラマの見逃し視聴もできます。
  • NHKオンデマンドの大河ドラマなども視聴できます。
  • 動画配信サービスに限らず、書籍・マンガ・ラノベ作品35万冊以上
  • 有名ファッション雑誌などの読み放題70冊
  • 毎月1200ポイント付与でレンタルや映画も楽しめる。

このようにお得な特典がたくさんついてます。

大王四神記視聴するならこのU-NEXTが一番おすすめです。

詳しくはコチラ

 

 

ペヨンジュン主演!大王四神記のあらすじダイジェスト

 

はるか昔のまだ神が支配していたころのこと。地上は火の力司るカジンを棟梁とする虎族に支配下にあった。

 

この虎族は横暴で人々に対する行いに心を痛めた神の子桓雄(ファヌン)が自ら地上に降り立った。

平和な国を造り人々に安息を与えるためであった。その国の名前はチュシン国と呼ばれる。

当然ながら自ら国を治めていると思っていたカジンは国を奪われたと思いチュシン国を襲った。

 

桓雄(ファヌン)は神の子として争いをなくそうと、カジンの持つ火の力を奪ったうえで、今度はその火の力を熊族の女戦士・セオに与えた。

 

この火の力が朱雀となって、熊族の女戦士・セオの身体に宿るのだった。その後神の子桓雄と熊族の女戦士・セオは恋に落ちる。

 

やがてセオは桓雄の子(檀君)を身ごもるが、火の力を奪われた虎族の棟梁カジンは、桓雄に恋心を抱いていたために

セオの妊娠に強く嫉妬する。、そのためセオを襲うが、その戦いの中で生まれた子供を守ろうとする母性本能がセオの持つ朱雀としての火の力を制御できなくなり

やがてセオに宿る朱雀が勝手に暴走しはじめた。

その勢いの激しさに火の力の暴走を止めようと駆けつけた桓雄も、青龍・白虎・玄武の三神をもって朱雀の力を弱めようとするが

その三神の力を結集しても朱雀の勢いを留めることができずその結果ファヌン自らの力をもってセオを討ったのだった。

 

その後ファヌンは朱雀・青龍・白虎・玄武の四神を封印した。それはその後の未来の世になって真にチュシンの王の資格を持つべき人物が

この世に誕生した際に封印された四つの神器が目覚め、真の王は自らの力でそれらを発見して

この世の平和のために使うべく封印を解くというという予言を残した。

それはまだ神の世界が存在していた紀元前15世紀頃の事だった。

 

2000年あまりが経過した過ぎた374年、いよいよチュシンの王の誕生があることを示す星が輝いた。

 

高句麗(コグリョ)にの小獣林王(ソスリム王)の弟の家に談徳(タムドク)、妹の家にホゲが生まれる。

 

小獣林王が亡くなるとその弟壌王(ヤン王)が即位した。当然その息子である談徳は王太子となる。

神殿の大神官においても談徳をチュシンの王と認定したが、壌王(ヤン王)は息子談徳(タムドク)に命の危機もあるので、わざとバカな振りをするように

命じた。高句麗の人々はホゲこそ王にふさわしいと思っていた。ホゲの母は、わが子を王位に継がせる欲にかられ壌王の毒殺を画策する。

陰謀は談徳が見破り、ホゲの母は自害する。母の自害が談徳(タムドク)によるものと逆恨みしたホゲは談徳を憎み復讐の機会を狙う。

 

チュシンの王と真実なるのは談徳なのかはたまたホゲなのか?四神のうち朱雀以外の神器はどこにあるのか。古代の高句麗を舞台にした壮大な物語が

始まるのだった。

 

ここで使われる朱雀・青龍・白虎・玄武の四神は風水でも表されている東西南北の意味もありとても勉強になる部分がありますね。

 

物語を視聴しながらそれらの意味について考えてみると面白いですよ。

 

詳しくはコチラ

大王四神記メインキャストの紹介

 

大王四神記は多くのキャストが出演していますが、今回はメインキャストをご紹介します。

広開土王(好太王)(タムドク:談徳)/桓雄

ペ・ヨンジュン

桓雄(ファヌン)はるか昔、人々のために平和をもとめそれを具現化するためにチュシンという国をを創るために神が遣わした子。

その後(タムドク:談徳)数千年を経て桓雄が転生したとされる人物。

チュシンの星が耀き民を救う子として生まれた。チュシンの王となる運命の元誕生したが、暗殺を恐れる父王によって暗愚・病弱のふりをするよう命じられた。

 

実際の(タムドク:談徳)は、武勇・知略抜優れていて、従妹のホゲの王位継承を企む叔母による父王の毒殺計画を未遂に防ぐなど少年期からその才能の片鱗を覗かせていた。

 

父から譲位を受けた途端に父王は殺害。ヨン・ガリョと火天会の策謀の数々は様々な濡れ衣を(タムドク:談徳)着せるに十分だったが、

その苦難をも持ち前の英知と側近の助力によって切り開いていくのだった。

民衆からはその演技により当初、暗愚な王と思われていたが、百済との戦いで戦果をあげ、また火天会によって幽閉された重臣たちを救いだすなど多くの成果をあげる

ことにより次第に貴族や民衆などから支持される王となっていく。

ヨン・ホゲ(椽浩開)ユン・テヨン

ヨン・ガリョの子、母が小獣林王、故国壌王の妹)の影響を受け王になるとの決意が強い王子。談徳の従兄弟(母が小獣林王、故国壌王の妹)。

談徳と同じようにチュシンの星の出た日に生まれたため王になるとの期待を集めて育つ。

少年期までは心優しい性格であったが、最愛の母の陰謀を見破った(タムドク:談徳)により自殺に追い込まれたのをみて、談徳の謀略による殺害だと思い込む。

そのため復讐の鬼と化したホゲは談徳を倒し、亡くなった母の遺志を継ぎ、チュシンの王となることに情熱を傾ける。

自分の望む方向とは違いながらも、謀略に手を染めていく。

貴族である父の世論操作により、当初は民衆に支持を受けたが、その後の百済との戦争では談徳が活躍するにいたり、次第に将兵・民衆の支持がなくなっていく。

高句麗で大将軍の位についていたがその位を談徳に奪われた後は、北燕軍の大将となり、談徳と敵対関係になった。

 

ソ・ギハ(キハ)(徐琦荷)/カジン

ムン・ソリ(日本語吹き替え版: 佐古真弓)[26][子役: パク・ウンビン(日本語吹き替え版: 岡珠希)

カジンのはるか昔の時代火の力を使って地上に君臨した虎族の女。

 

桓雄に思慕の情があったが、桓雄に火の力を奪われた。その後桓雄が熊族の女・セオと情をかわした「ことを知りセオを倒す。

キハは朱雀の守り主の一人で、スジニの姉。

火天会が朱雀の神器と共に拉致され、火天会長老の妖術の支配下育つことになる。

火天会神殿に神官として置かれ談徳の幼馴染となる。回を重ねて合ううちに談徳と相思相愛の間柄になる。

その後謀略にはまった談徳が去ると同時に談徳の子を身籠る。

談徳が父王殺害をしたという誤解を解くことができないため、その絶望により火天会の言いなりになる。

 

いかがでしょうか。今回ご紹介したキャストはメインキャストでほんの一部ですが、全編通して個性的で芸達者な役者さんが脇をかためとても見ごたえのある作品に仕上がっています。

今回ご紹介したU-NEXTなら見放題サービスを31日間無料で視聴できるので充分この作品の面白い部分を体験できますよ。

※紹介している作品は、2019年11月時点の情報です。
現在は配信終了している場合もありますので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。」

 

-韓流ドラマ
-

© 2021 エンタ部